注射ワクチンと鼻スプレーワクチンの違いは何ですか?

注射ワクチンと鼻スプレーワクチンの違いは何ですか?

1。さまざまな管理方法

注射可能なインフルエンザウイルスは不活化ワクチンです

注射可能なインフルエンザウイルスワクチンは、非利き腕の上腕の外側にあるデルトイド筋を介して筋肉内に注射することができます。ワクチン接種部位でのワクチンの抗原成分分析は、身体自身の免疫応答プロセスを引き起こし、最終的には特定の免疫作用記憶を持つ効果的なインフルエンザウイルスを形成しません。

ザウイルスは弱毒生ワクチンです

「鼻スプレー」ワクチンは、ワクチン接種中に次の操作を必要とします。希釈剤を使用して凍結乾燥粉末ワクチン抗原成分を液化し、次に注射器を吸入し、噴霧ノズルを取り付け、鼻腔がスプレーするように向けて鼻腔を覆います。鼻粘膜。現時点では、弱毒生インフルエンザウイルスは鼻粘膜にしっかりと付着しており、外来抗原として、弱毒化ザウイルスは鼻咽頭関連リンパ組織(NALT)を刺激して粘膜免疫応答を生じ、免疫記憶を形成し、それによってインフルエンザウイルスを再び蓄積します。鼻咽頭粘膜に侵入したときの最初の防衛線。

2。製造プロセスが異なります

無害化された生ワクチンは、人工培養条件下で標的変異を促進し、病原性を失いながら、一定量の残留毒性、免疫原性、および生殖を保持する病原性微生物(細菌またはウイルス)です。人体に無臨床感染を引き起こさせ、免疫を獲得させるためのワクチン本体を作る能力。

不活化スプリットワクチンは、元の標的器官に対する病原体の病原性を完全に失うが、対応する抗原の免疫原性を保持するために、化学的または物理的方法を採用しています。

3。該当する年齢が異なります。

インフルエンザウイルスワクチンの注射は、生後6か月以上の人に適しています。 9歳未満と6ヶ月以上の人は2回の注射が必要です。以前にインフルエンザワクチンを服用したことがある場合は、1回の注射で済みます。9歳以上の場合は、毎年注射を受ける必要があります。

ノーズスプレー:2〜49歳に適しており、毎年1回注射します。

4。考えられる副作用は異なります

不活化インフルエンザウイルスワクチンの注射

一般的な副作用には、圧痛、注射部位のかゆみ、短期間の発熱などがあり、特別な治療をしなくても短時間で消失します。

フルエンザウイルス生弱毒化ワクチン

一般的な副作用は、寒さのような鼻水や鼻のうっ血です。ワクチン接種現場での接触による損傷はありませんでした。

この記事へのコメント